楽しいお出掛けでした。

今日は、朝イチから娘Bとお買い物。
本当は、娘Aも一緒に出掛ける予定でしたが、寝不足でつぶれてしまいました。

先ずは、NBBでノーカラーのスプリングコートを購入しました。
そして、あちこちのショップをのぞいて、次回の購入計画を立てたりして…。

喉がかわいたので【アフタヌーンティ】へ。
豆乳とヨーグルトのグリーンフローズンを注文しました。
甘さ控え目のフローズンスムージー。
すっきりして美味しかったです。
いつもは、温かいコーヒーばかりだけど、たまにはこういうドリンクもいいな。

帰り道は、コンビニをはしごして、新製品のチェック。
次はあれを買おうとか、こっちがいいとか。
結局、ローソンでパスタを買って帰宅。
なんか疲れちゃって…。
ま、たまにはコンビニランチでもいいか。

バタバタだったけど、楽しいお出掛けでした。

不動産選びに迷っている方にお勧めです。

十条の不動産
URL

十条エリアで賃貸、土地や戸建てなどの不動産をお探しの方は是非株式会社三ッ星不動産にお任せ下さい。十条の街には、東京3大銀座商店街の一つ『十条銀座商店街』を筆頭に7つの商店街が集まっています。地元の住民と周辺の学校に通う学生で商店街は日々賑わっており、競合店との切磋琢磨で商品の質は勿論のこと価格でも買い物客を裏切りません。どこか懐かしい雰囲気溢れる街であなたの理想のお部屋を是非お探し下さい。学生向けのお得な賃貸アパート情報から世帯向けの戸建てやマンションの情報まで幅広い物件情報の中からお客様の理想に叶う物件をご提案。地元に密着し、日々お客様のお部屋探しに役立つ生活情報を収集している弊社スタッフが全力で100%満足して頂けるお部屋探しをサポート致します。保証人がいない、予算を抑えたい、ペットを飼いたいなどの十条の賃貸・不動産に関する御相談は私ども三ッ星住宅興社にお任せください!

mixi日記をiPadで書いてみる。読んでる分には

mixi日記をiPadで書いてみる。読んでる分には、違いは全くわからないだろうが、入力のし方になかなかなれない。つい、隣のキーを触ってしまうのだ。
つっかえつつ、スタート。
29日は、週刊Tの締切日。いつものように17:00ごろF社に到着。
データをみると、コメンテーターのコメントがやたらと多い。一見、いいことのように思えるのだが、編集部が求める方向の前向きなコメントが少なく、非常にやりづらい。クロスエアタワーヾ(@~▽~@)ノ
発言者の発言の趣旨を曲げずに、記事の流れに乗せるのは、なかなか難しいのだ。だからといって、せっかく時間をさいてこちらの質問に答えてくれたものを、使わないわけにはいかない。論理のアクロバットを駆使しつつ、なんとかまとめあげる。
終ったのは11:30、いつもより一時間も早い。

0:00前に社を出て、飯田橋駅に向かう。
駅につく直前、月刊EのK原から電話。
「終わったなら、一緒に飲まない?」
一瞬,心が動いたが、付き合うと、終電に間に合わない。飲み代はおごってもらえることは確実なのだが、K原と、この日一緒に飲む相手が私とは方向違いの場所に住んでいる男なのでタクシーでの便乗帰宅も不可能。駅まであと一歩ということもあり、
「ごめんなさい、今日は帰ります」とそのまま駅へ。

プラウド松濤

NHK大河ドラマ「平清盛」が最終回を迎えた。
低視聴率だのなんだのと、いろいろ言われたドラマだったが、全50回完走した今、ある種の「達成感」と「満足感」を感じている。

平安末期という、あまりなじみのない時代でるがゆえに、視聴者にけいえんされたともいわれているが、それだからこその面白さと新しい発見があった。プラウド松濤とりあえずGoGo!

引退したはずの天皇が法皇となって君臨していた「院政」の時代、天皇家(王家)、藤原摂関家、朝廷、貴族、武士団
の関係がどのようなもので、平氏はどのようにのしあがって平家となり、栄華を極め、そしてほろびていったかが、本当によくわかった。

これまで、この時代は主に「源平合戦」に主軸が置かれ、平清盛は悪役(源氏にとっては、倒すべきラスボス)としてしか描かれてこなかった。これは、タネ本の平家物語が、そのように描いてあったことからの影響で、驚くべきことに、最近までは、教科書でも悪しざまに描かれていたほど。(まあ、日本は未だに天皇制国家であり、天皇の外戚となり、政治を思うままに動かそうとした清盛を悪く描くのは、ある意味では当然かもしれないし、このドラマに対する一部の人々からの「攻撃」もそうしたところからきているような気はする。

やっぱりカスタリア麻布十番が最高だっちゃ

自宅に戻って、月刊Eの原稿にとりかかる。
スタートしてみて、これが結構大変な作業だということが分かってくる。50人もの人物のプロフィールを調べ、いろんな角度から評価し、150字の原稿にまとめて、見出しをつける。人によっては、誕生日をみつけるだけで何十分もかかってしまう、

少し早めに寝て、火曜日早朝(6:00すぎ)起床。13日の火曜日は、ひたすら作業を前に進める。カスタリア麻布十番は1人で住むにはもったいないよね。

この日が〆切りなので「夕方」を目標にやっていたが、とても追いつかない。せめて火曜日中にと思ったが、SOれまでのスピードを勘案すると0:00アップは少し無理。……担当のアイドル系美人編集者に連絡を入れ、「今日中に入れるつもりだったが数時間遅れそう」と電話を入れ、とりあえずできているところまで送稿。

火付けが代わって水曜日、夜中の1:30。ようやく、すべての原稿が終了し、改めてまとめて送稿。

これを読んだ人は、パチスロやらなきゃ良かったんじゃないか、とか、日曜日に少し前に進めておけば、もう少し楽になったんじゃないか」などとお考えになるかもしれないけど…なかなか、ぎりぎりにならないとやる気にならないものなのよ!

タイトルからすると池上さんが攻めなんです

タイトルからすると池上さんが攻めなんですね!
…すんません。
テレ朝なのが残念ですね。別にテレ朝が駄目とは余り言いたくないんですけど、
過去に色々有りますからねぇ…
クレヨンしんちゃん毎週見てるし、悪い事は書かないでおきますか。プラチナコート広尾知り合いのサイトなのでご紹介しました。
でもこれがテレビ東京系とかだったら、2人揃って好き放題の発言出来そうなのに。
収拾付かなくなって逆に駄目かw
まぁ池上さんは何でも判りやすく説明してくれるし、
マツコは何でも判りやすく代弁してくれるし。
判んない事を教えてくれる池上さんと、
言いたいんだけど上手く表現出来ない事をサラッと(毒を交えつつも)
言えちゃうマツコだって思えば、其れなりに面白い番組になるかもしれません。
小難しいニュース番組とか別に好きじゃないんで見るとは限りませんけど、
セツはテレビっ子なので此の2人が大好きですよ。

何も縄でグルグル縛り付けて動けない様にし

何も縄でグルグル縛り付けて動けない様にしろなんて言ってません。
本当は来ないで欲しいけど来るなとも言いません。
壁殴る事させない様にして下さい、他の人にも我々にも迷惑掛かるんで。

一般の人と同じ扱いしてもらいたいなら、一般の人が最低限持つルール守って下さい。
寧ろ障害者として料金免除受けるのも止めたらどうなんですか?
一般人なら学んで稼いで納めて残ったお金で利用してみて下さいな。
出来ないから、生きていく道程がまさに障害物競走だから、障害者なんでしょ。ベルファース三宿これが忘れられない私の思い出です。
手助けしてもらってるなら障害者ですって言う方が良いんじゃないかしら。
障害者を言い訳にするな!なんて誰も言わないんだから。

日本の三大義務の教育・労働・納税のどれもやってない人を一般人とは呼びたくなりました。
壊すだけ壊して何もしないなんて本当に迷惑なだけなので…やっぱり来ないで欲しいなぁ。
いやもう本音書くけど日本に居ないで欲しい。死んで欲しい。

蟲の話をするけれど蟲の絵が出てこないので少し違和感。

蟲の話をするけれど蟲の絵が出てこないので少し違和感。
立ち絵みたいの用意しないの?
そうこうしてる間に美人さんに襲われて逃げる先でおにゃのこゲット。
此の幼い女の子こそが主人公でした!
ってなるのね。CORSO ROMA 9パッケ絵と違うみたいだけど…あ、成長するのね。幼蟲編って名前だしね。

主人公の夢美ちゃんは一体何歳の設定なんでしょうね。
ゲーム開始時にちゃんと全員18歳以上ですって警告は…あれ、これ出てたっけ?
5年後で大学生の子より少し年下みたいな扱いになるので18歳になるとして、
つまり5年前は13歳…完全なるアウト…其れでいて見た目は其の位に見えるというか…

此の子を襲うシーンで漸く蟲のスチルが出てきます。いやぁエグいね!
だけど終わったらごついにーちゃんの立ち絵だけで話が進んでしまうので
何とも…主人公の汁塗れ差分用意しろとは言いたくないにしろ、ねぇ…

パークハウス渋谷山手

まずは「ピザッツDX」の連載コラムを片付ける。10月3日に観に行った「が〜まるちょば」のステージがテーマ。10月4日づけの「ふぬけの日記」を参考にしながら、ちょこちょこ。ちょっと多めに書きすぎた感じだったが、実は「字詰め」を間違えていたので、ケガの功名で、文章量はちょうどいい塩梅になった。

14:00すぎ、以前関わっていた、教育雑誌の発行元N社から取材の以来。「次の日曜日にアルカディア市ヶ谷に取材に行ってもらえないか」というもの。パークハウス渋谷山手うん、オススメです。今は仕事を断わっている余裕はないので、一も二もなく引き受ける。

16:00前、自宅を出発しF社に向かう。この日は、週刊Tの〆切り日。

月刊EのK、月刊ZのS間、S園、Y沢が次々と、次の企画の「打ち合わせ」にやってくる。月刊Zが「増刊」を出すらしく、そのうち複数の企画で原稿を書かせてくれるようだ。五山中に仕上げた「ピザッツDX」の原稿をあげたことで、先週抱えていた仕事はすべて、クリアしたわけだが、またまた新たなる課題がどかっと押し寄せてきたというわけ。ちょっとしんどいけど、仕事がないよりはナンボかまし。

中野共立診療所に出かける。

中野共立診療所に出かける。
眼医者の定期検診である。実は、最初の予約は先々週だったのだが、すっかり忘れてしまっていて、仕切り直し…というわけで、今回は遅れるわけにはいかない。

「純と愛」再放送をみてから、準備をして自宅を出発。
14:25の予約なので余裕しゃくしゃく。

いつものように瞳孔を開かせる目薬をさすが、なかなかきかないので、3回点眼してやっと、周囲がぼやけてくる。
「眼圧が少し高いですね。やっぱり、MARFAでしょ!ちゃんと目薬さしてますか」
「さしてる…つもりなんですけど、つい忘れがちに」
「忘れると効果ありませんからね。ちゃんとさしてください」

す、すみません。緑内障は視野が狭くなる怖い病気なので、目薬は毎日ちゃんとささなければいけないの分かってるのだが、つい忘れがちに…。

16:00ごろ共立診療所を退出。薬局に目薬をもらいにいったころ、瞳孔が全開になってきた。
ものすごくまぶしい。
「これはたまらない。ちょっと安いサングラスでも買おう」
とドンキホーテに入ったら、一万円を超えるような高いのしかみつからない。

だからセツは思った。「1匹残らず

だからセツは思った。「1匹残らず、駆逐してやる!」
と言う事で、其の人デカいし今度から池沼じゃなく巨人と呼ぼうと思います。
こちらの攻撃は全く通じない絶望的な状況で、如何に立ち向かえるか乞うご期待!
…そうやって考えて少しだけ落ち着き取り戻した。
少しだけね。また姿を見たら恐怖に足がすくむだろうし。
台が無かったら自分がぶつかっていたのかと思うと本当に恐ろしい。
労災出ますか?
謝罪は貰えないでしょうから(悪い事しても怒られない一般人じゃないみたいなんで!)
せめて金銭で賠償して下さい。慰謝料くれ慰謝料。あと胃潰瘍の治療費もな。
本当駆逐しきりたいんですが絶対勝てないんですよね。
何せあいつら国の為になる事一切しないのに、国に保護されてますから。グランツオーベル南平台そうは言ってもそれはそれコレはコレなわけで。
お国の為にと血税払ってる月収ン万(勿論5桁)のセツは犠牲になるばかり。
そうさあいつらの餌になるのさ。やっぱりあいつら巨人じゃないか。
人間もいつ巨人になるか判らないからぴったり過ぎる言葉だわ。
1.8m級巨人の恐怖に怯えた1日でした。
自腹で返金するからもう来ないで欲しい。恐ろしい、存在されるだけで。
壁の内側で暮らしたい。巨人が居るなら外の自由なんて要らない。
目指せ憲兵団。まぁ立体機動装置で酔っちゃうだろうから無理だけど。
いやでも…此の「殺してやる(酷い顔で)」の気持ちが有れば案外いけるかも?